「1%への挑戦」天然わかめ商品を全国に展開!

魚の屋のあゆみ
明治10年 〜 島根県大田市で海産物を生産販売
平成19年 島根県隠岐諸島知夫島で天然わかめをスタート
平成22年 大田市「夢工場」60歳以上の方のみ雇用
平成26年 大田市に天然わかめ加工工場を設立

天然わかめ市場を創出、雇用や県内水産業の活性化を図る。

・輸入わかめは100%養殖
・国産わかめの99%は養殖で、1%が天然わかめと言われています。

魚の屋が、この天然わかめ市場に目を向けたのは、
三代目社長が30年かけて培ってきた経験と技術を活かし
「1%」に挑戦する価値
「1%」誰も手を出していない分野を
失敗を生かして、今後の大きな柱となる事業へと
育てる決断でした。

全国へ奔走する社員と、本社工場を仕切るスタッフ

魚の屋の生産ラインの9割が女性。女性が活躍する会社です!

令和元年12 月「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第6回 グランプリ受賞しました。
私たちの「1%」にかけた島根県産天然わかめ事業を評価いただき、
島根県で、誇りを持って挑戦し続ける姿を、若い世代に示し続けていきます。

PAGE TOP